ゴルフに必要なのは春風のようなユーモア

ゴルフに必要なのは春風のようなユーモア

ジョーク集で知られるベックをご存知だろうか?

ベックは毎朝妻にこう言ってゴルフ場に行く。

『ちょっとコースまでジョークのネタを探しにいってくるよ』

この甲斐あってベックのゴルフは笑いの世界で満ち溢れている。

このようなエピソードがある。

大スライスのボールがフェンスを越えて高速道路に飛び出し車に激突。
その影響で次々と玉突き事故がおこる。その場は修羅場。
原因をつきつめた警官が、そのボール打ったゴルファーに真相を伝える。
その彼がそこでいった言葉…

『わかった。次からもっと右手をかぶせて打とう』

こんなジョークのエピソードを生みだすベックは1982年に他界。

スコアばかりにギスギスしないで、ショットよりジョークの名人になりなさいというのが
彼のポリシーであった。

そんな彼が残した名言の中にこうある。

『ゴルフに必要なのは、フェアな精神、いい友人、そして春風のようなユーモア』

素敵な言葉である。

(参考文献:夏坂健著 ゴルフの『奥の手』 P.38)
オシャレなゴルフウエア AUX BACCHANALESコラム