力に頼ってひたすら飛ばすはゴルフじゃない

力に頼ってひたすら飛ばすはゴルフじゃない

ビンググロスピーの言葉
『どうしても友だちになれない人種がいる。
小さな嘘をつくやつと、アイアンの飛距離を自慢するやつ。』

ビング・グロスビーとはポピュラー歌手の祖であり、映画俳優。

実はプロアマ・トーナメント主宰者でもあり、
60台のスコアを叩き出すほどの実力者。
この言葉はゴルフの真髄を巧みな比喩で語ったものである。

『9番で140ヤード飛ばせる!』と自慢するのは頭脳明晰ではなく、
力に頼ってひたすら飛ばすことがゴルフだと思っているだけ。

本当にゴルフがわかっているのは3番アイアンで140ヤードぴたりと飛ばす人を尊敬する。

柔軟性こそゴルフの奥義。

参考文献(夏坂健著書:ゴルフの『奥の手』P.26)