正しいスイングには正しいアドレスが必要

正しいスイングには正しいアドレスが必要

正しいスイングには正しいアドレスが必要

ではアドレスの基本とは?

これは当たり前のようにできている方も多いかと思いますが、
参考としてお届けいたします。

1、スタンスは肩幅

2、膝はリラックスした状態で軽くまげる

3、お尻を少し突き出すように

4、軽く会釈程度の前傾姿勢

5、体重はややつま先よりに

6、腕はリラックス

7、肩→腰→足をターゲットラインに平行に

このように基本にアドレスがきちんと行われていると 正しいスイングにつながる。
何事も基本が大事といわれるが ゴルフの世界においても基本は本当に重要なポイントである。